Share your ideas for the JMP Scripting Unsession at Discovery Summit by September 17th. We hope to see you there!
Choose Language Hide Translation Bar
AtsukoI
Staff

JMPを用いた「ファクトフルネス」の実践

SAS Institute Japan 株式会社 JMPジャパン事業部 テクニカルグループ 増川 直裕

 

「ファクトフルネス(FACTFULNESS)」とは、思いこみを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣であり、このことを唱えた同名の書籍がベストセラーになったのは 記憶に新しい。この書籍では、世界の人口、教育、貧困問題などについて、データを根拠とし、なぜ私たちは間違った思い込みをおこなうのかを分かりやすく解説している。 書籍の著者らはGapminderという財団を設立しており、世界の統計に関する多くのデータを、無償で公開している。そこで、これらのデータを用い、JMPのグラフ化、 分析のさまざまな機能を駆使し、私なりのファクトフルネスを実践してみる。実践した結果は本ポスター発表に加え、Gapminderプロジェクトが開発した「動的バブル プロット」を効果的に使った結果をJMP Public ( http://public.jmp.com ) にて公開する。