Share your ideas for the JMP Scripting Unsession at Discovery Summit by September 17th. We hope to see you there!
Choose Language Hide Translation Bar

視覚的なデータの分布の同定をいつまで続けるのですか

視覚的なデータの分布の同定をいつまで続けるのですか
BioStat研究所株式会社 代表取締役 高橋 行雄

 

得られたデータがどのような分布にあてはまるのか同定することは、統計解析の初めの一歩である。JMPの「一変量の分布」を用いて、視覚的にデータの分布を確認するために多くの方法が提供されてきた。伝統的には、正規分布のあてはめが可能か否かの判断が主体であった。JMPの「一変量の分布」には、ヒストグラムに対する確率密度関数のあてはめも以前からサポートされていた。最近のバージョンで「連続分布のあてはめ」で「すべて」を選択すると‐2倍の対数尤度とAICc(補正赤池情報量規準)の大きさの順に多くの分布が列挙され、分布のあてはめについてAICcによる判定が可能となっている。各種のデータでAICcを用いた分布あてはめの順位を評価したところ有意義であった。対数尤度の出力されていることから、最尤法を用いていると思われるので、Excelを用いてJMPの計算方式の追試を行った。AICcを用いて、どのような分布のあてはめが適切かの検討に際し、従来の視覚的なあいまいな判定から脱却するいい機会と思われる。同様の機能が「寿命の一変量」にも備わっているので、併せて新たな分布のあてはめについて論じたい。

Article Labels

    There are no labels assigned to this post.

Article Tags
Contributors